あんぶろ

厄介なうどんこ病を予防しよう!

こんにちは!あんころです!

昨日、娘主体で育てていたこあまちゃんに色が付いて食べ頃になりました

f:id:annkorokoror:20210623120427j:image

朝起きて毎日水やりし、経過を観察していた娘

初めて何かを育てる事を実践し、ちゃんと育つトマトを見て何かしら感じてくれたのではないかと思います

本題から外れてしまいましたが、今日はどの植物にも関わる厄介なうどんこ病についてお話しします

 

うどんこ病とは?

名前の通り、葉っぱの表面に白いカビが生える病気です うどんの粉をまぶしたような姿になることから名付けられました

乾燥した時期に発生しやすく、放っておくと育てている植物を弱らせてしまうので、早期発見・早期対処が大切になってきます

 

なぜ葉っぱが白くなるの?

うどんこ病は植物にカビ菌が住みついて葉っぱが白くなる病気です

5〜6月、9〜11月に発生しやすく、ほとんどの植物に発生する可能性があります

白くなった葉っぱを放置すると葉が枯れて、繁殖した菌が他の植物へ移って被害が大きくなる可能性があります

発生した部分は回復しないので、早期発見と予防が大切です

 

うどんこ病の原因は?

土や落ち葉の中に潜んでる糸状菌といわれるカビが原因です

風に飛ばされて他の植物に付着し繁殖します 気温が高く、乾燥した環境を好むため、環境を整えることが大切です

また、窒素分が多かったりカリウム不足でもかかりやすいので、肥料の成分にも目を向けると安心です

 

効果的な対策は?

① 自然に治す

初期段階であれば、お酢重曹などの自作のスプレーを散布するだけで繁殖を抑えることができます

ただし、重度の症状で繁殖が止まらなくなると、白くなった葉っぱを摘み取っていく必要があります

② 農薬や殺菌剤を散布する

うどんこ病はそれぞれの植物に種類があり同じ殺菌剤では効果が無い場合があるためお店でその植物に対応している殺菌剤や農薬を探しましょう

 

うどんこ病の予防は?

定期的に水やりを行い適度な湿度を保ちながら、日当たりが良いところで育てましょう

お酢スプレーや重曹スプレーうどんこ病の予防をしましょう

 

あんころはトマトの花が咲いてくる頃に葉っぱが白くなってきたのを見つけました

知識がなかった私はなんだろうと放置していると・・・

こんなに白くなっていったのです

f:id:annkorokoror:20210623120748j:image

そこで市販で売っているお酢スプレーを購入し散布しました

f:id:annkorokoror:20210623120833j:image

結果は・・・

白くなっている部分は繁殖し、症状が進行したため葉を切り取りました

少し点状に白くなっている部分はお酢スプレーで繁殖を防ぐことができました

早く対処すべきだったと反省・・・

他にも重曹スプレーも効果があるそうです

ただし、分量通りに作らないと葉っぱが黒くなったり、効果が無かったりするので注意しましょう

 

f:id:annkorokoror:20210623115853p:plain

せっかく大切に育てている植物が病気にかかるのは悲しいですので早めの対応をしていきましょう!