あんぶろ

こどもの歯磨き粉はどれにしたいい?虫歯予防におすすめなフッ素入り歯磨き粉!

f:id:annkorokoror:20211012210745p:image

こんにちは!あんころです!

子供ってお菓子大好きですよね・・・

親が注意してても、お友達とあま~いお菓子を食べていたり、歯がよく磨けておらず

いつのまにか虫歯が!!!

ってことがあると思います

子供は虫歯ができやすいとも言われている為、子供には極力チョコレートや飴などは与えないようにしてるのですが、、、

じーじ・ばーばが甘やかしてたくさん与えてしまうんです~

しかたない。孫は可愛いもんね。

そのため歯磨きには力を入れてるため、未だに虫歯なく過ごせています

今回はあんころ家が使用している最強の歯磨き粉を紹介していきます

良い歯磨き粉を使って虫歯予防をしていきましょう!

 

この記事を読んでわかること

☆子供が虫歯になりやすい理由

☆どのようなポイントで選べばいいかわかる

☆チェックアップフォームとは

 

虫歯になりやすい理由

①乳歯の場合、エナメル質が永久歯の半分しかない

→歯の1番外側にあるエナメル質に穴が空いて虫歯になります。そのため、エナメル質が半分しかないのですぐに穴が空いて虫歯になってしまうと言うわけです。

②きちんと歯を磨けていない

→子供の場合、これは大人の責任ですね

10歳まではきちんと大人が仕上げ磨きをしてあげましょう

③だらだら食い

→時間をかけておやつを食べると虫歯リスクが高くなります

30分を目安におやつは食べ終わりましょう

乳歯に虫歯ができると顎の発達に影響がでたり、永久歯への生え替わりに影響して歯並びが悪くなりやすい!!!

 

だから小さいころから虫歯予防は大事なんだね

 

歯磨き粉を選ぶポイント

高濃度フッ素配合であること

大人(15歳~)はフッ素濃度が1000ppm以上のものが効果的

こどもでは乳幼児から500~950ppmがよいといわれています

 

なぜ小さい子供には1000mmp以上の物が使えないの?

→うがいができず、飲む込む可能性が高いから

下痢や嘔吐といった急性中毒や歯のフッ素症をおこす恐れがあるけれど、使用量さえ守れば問題なし!

 

フッ素とは

自然界に存在する物質で、お茶の葉や海産物にも多く含まれます

エナメル質を再生し虫歯に強い歯を作ってくれる虫歯予防にはなくてはならないものです

歯からカルシウムイオンやリンミネラルがイオンとして溶出することを脱灰(虫歯になること)と言いますが、これを防いでくれます

又、脱灰が起こってもフッ素で再石灰化してくれるので、初期の虫歯なら再生可能です

他にも、虫歯菌の活動を抑える効果もあります

 

小さい子供にも使用できる最強の歯磨き粉「チェックアップフォーム」

ぶくぶくうがいができなくても使用できるチェックアップフォーム

チェックアップフォームの特徴

☆泡状なのでフッ素ジェルやペーストタイプに比べ口腔内のすみずみにフッ素を行き渡らせるのが簡単

☆950mmpのフッ化物を含有している

☆こどもが嫌がらないマイルドな香味

 

チェックアップフォームの使用方法

①適量を歯ブラシに乗せる

②泡状歯ブラシが口の中すみずみま行き渡るようにブラッシング

③ブラッシング後、軽く吐き出し少量の水で口をゆすぐ

 

あんころ家は普通の歯磨き粉をつけて自分でさせた後に仕上げ磨きでチェックアップフォームを使って大人が丁寧にしっかりと磨いています

 


ライオン CheckUPフォーム 5本(100ml/本) ☆3980円以上で送料無料

あんころは初め歯医者さんで購入していましたが、1本1000円でした🪥

こちらで購入すると、送料無料でお得に買えるのでオススメですよ♪

さいごに

子供の歯磨きって大切だけど、全力で嫌がるので上手く磨けないですよね

歯科医には奥歯を10秒づついろんな方向から磨くように言われましたが難しい!!

試行錯誤して歯磨きしてますが、上手く磨けているか不安になります・・・

なるべくフッ素濃度が高く、虫歯に効果的な歯磨き粉を選んで虫歯予防していきましょう!

 

さいごまでありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

あんぶろ - にほんブログ村